免疫治療は次世代の治療方法

ガンの免疫治療は、副作用が少ない、他の治療方法とも併用可能など、様々なメリットがあります。次世代の治療方法について理解を深めましょう。

ガン免疫治療のメリットBEST3

no.1

副作用が少ない

免疫治療の最も大きなメリットが副作用が少ないことです。他のガン治療は、副作用が出るものが多く患者さんにとっては大変な闘病生活になります。一方、免疫治療はガン細胞のみに影響をあたえるので副作用を感じることはほとんどありません。

no.2

進行・転移ガンにも効果的

二番目に大きな免疫治療のメリットは、進行・転移ガンにも効果的なことです。ガンが進行しすぎると手術治療をすることができなくなります。しかし、免疫治療ならガンが進行・転移しても治療を行うことができるメリットがあります。

no.3

他の治療法と併用可能

三番目に大きなメリットが、他の治療と併用可能な点です。免疫治療では、抗がん剤治療とも同時に治療を進めることができます。そのため他の治療方法よりも試しやすい治療方法といえます。

こちらの記事もチェック

診断

免疫治療前に調べたいこと

ガンの免疫治療について治療前に調べておきたいことを主に4つ紹介しています。メリットが多いとはいえ、治療費が高く、まだエビデンスも蓄積されていないガンの免疫治療は入念な情報集めが重要となります。

READ MORE

免疫治療の基礎知識

女性

免疫治療とは

ガンの治療方法は、手術・放射線治療・抗がん剤治療の3つが代表的ですが、それに続き近年では、免疫治療も注目されています。免疫治療は免疫療法や免疫細胞療法とも呼ばれ、比較的新しい治療方法ですが、大きなメリットが確認されている新時代のガン治療法になります。この免疫治療によってガンの改善が見られた患者さんは多くいます。とはいうものの、まだ新しい治療方法で、これまでの治療実績が少ないことがデメリットになります。そのため、ガンに効く確実な治療方法として確立されていません。免疫治療を受ける方は、きちんと情報を集め、十分な知識を身に付けることから始めましょう。

免疫治療の仕組み

免疫治療は、その名の通り身体の中にある免疫を利用してガンを無くす治療方法です。わたしたち人間の身体は、ガンが発生しても身体の中になる免疫細胞がガンを攻撃してガン細胞を撃退しています。しかし、ガンが発生したあとに免疫細胞が弱くなったり、ガン細胞が免疫細胞の力を弱くすることでガン細胞が増えてしまうことがあります。この影響で身体はガンに侵されていきます。免疫療法は、そんな弱った免疫細胞の力を強化することでガン細胞を排除する治療方法です。免疫治療の治療方法は、体内にある免疫細胞を一度体外で培養し活性化させてから体内にもう一度戻します。他のガン治療とも併用できるので、相乗効果でガンを撃退することが期待できます。活性化させる細胞にはいくつか種類があり、その種類によって手術の種類も変わってきます。また、免疫治療を行う際は、豊富な知識を持ち、この免疫治療について丁寧に説明してくれる医師を選ぶようにしましょう。

広告募集中